にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ
にほんブログ村 中年男の牛飼いブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

ああ 忙しい [農作業]

8月のお盆以降忙しい日が続いている。稲WCS収穫作業が26日にほぼ終わり

とは言っても倒伏したチネリアママは専用機で上手く刈れず残してしまった。

P9250001.JPG

 

草丈があるだけに収量も多いのだが長いだけに倒伏し絡み合って、上手く機械

に入ってこない。それぞれの稲刈りや次の仕事も控えているので一時中断。

私も稲刈りも気になるが、ワラ収集の予定があったのでWCSの一部の仲間と

休む間も無く、ワラ収集の作業に入った。先日の台風が去った後刈った水田なの

でちょっとぬかり気味、でも、何とか3町歩片付けた。

P9290003.JPG

 

今日作業中に自宅から子牛が生まれたとの電話が入った。夕方帰宅してから

見ると、ちょっと小さめの百合茂 雄子牛。母は きくはな(花国ー菊谷ー福昌)

P9290005.JPG
この子は4産目の子だが、記録を見たら前回も同じく9月29日にお産していた。
ぴったり1年1産、それとこの母系は性格が穏やかでいい。

この10日間色々あって・・

この10日ばかり色々忙しかった。13日には松本先生の講演の聴講。全国を

飛び回って忙しく寝る暇もあるのだろうか、と心配していたが、ちょこっとお話でき

お元気だったので安心した。

P9130012.JPG

 

14日にはロールベーラーが戻ってきた。油圧シリンダーからの力を受けるピンを

補強したということだが・・・

P9140014.JPG

 

16日は「放射性セシウムに関する対応について」和牛講習会

P9160002.JPG

 

WCS収穫作業で家を空ける事が多く8月23日に生まれた子牛の下痢に対応

が遅れ、O之国産子が脱水状態になり往診依頼、何とか事なきを得た。左は母

P9210007.JPG
又、12日に生まれたO富士産子も食が落ちて、下痢ではなかったが便に血が
混じっていたので抗生剤のお世話になった。
P9210012.JPG
昨夕は出先から帰ると分娩室に移さないうちに ふくゆり(百合茂ー福昌ー糸光)
がお産をしていてO之国産子が育成牛の傍で寝ていた。他の牛に踏まれなくて
良かった。初乳も飲んだのか判らなかったので こんなことも有ろうかと用意して
いたカーフサポートセリムンを飲ませた。
P9220008.JPG
急いで小屋を用意して親子を移した。お産して2~3時間は経っていて、汚れを
洗ったりヨーチンの臭いがしたりで、ちゃんと親が面倒看てくれるか心配していた。
でも何とか舐めてくれ、1時間後にはオッパイも飲ませていたので安心した。
P9220006.JPG
P9220007.JPG
さて、また明日からWCS収穫作業、あと3日で終わらせたい。

台風15号被害 [自然、気象]

先日台風12号が大きな被害をもたらしたばかりなのに、又台風15号が襲来し

またしてもインフラや住宅のみならず人的被害まで出てしまった。

私も家の周囲など排水対策をして身構えていたが、家の辺りは風も雨も心配した

程でなく助かった。しかしWCS仲間から北上川がずいぶん増えているらしい、と

電話があり朝飯もそこそこに一関遊水地の様子を見に行った。

P9220016.JPG

4年前の時より2m程水位は低いが、川沿いの田はすでに水没。遊水地の方

にもどんどん水が流れこんでいた。右手前が我々がワラを収集予定だった所

P9220019.JPG
10時ころには既に水没 北の方角 
P9220020.JPG
西に回って北東の方を見ると遊水地の半分位冠水していた。
P9220029.JPG
これくらいで止ってくれれば4年前よりまだまし。4年前は完全に水没だった。
     2007年9月同じ場所からほぼ同じ方角ビニールハウスを撮影
DSC00455.JPG
今回
P9220030.JPG
前回
DSC00456.JPG
遊水地ということで洪水の時の調節機能と位置付けられているわけだが、
収穫間近の稲が可哀想だし農家も辛い。
帰りながら北上川東岸の高台から全体の様子を見た。  右が北上川
P9220032.JPG
               下流 (南側を見る)手前が川なのだが境が判らない
P9220035.JPG
                    津波は怖いが川の水も油断ならない。

ホルス並みに大きかった [ET]

予定日を一週間ほど過ぎていたレシピエント乳牛が12日朝お産した。この牛

今月初めから時々尻尾を上げて、お産の始まりかと何度か思ったが、中々出て

来ず外から胎児の動きもほとんど見えず、子宮捻転ではないだろうな、などと

心配をした。羊膜が見えてきたときも濁って汚い感じだったので、やっぱりダメ

ったっだか・・・とあきらめかけた。しかし、手を入れて舌に触った時いくらか動い

たので、生きている事を確信した。足が太く 大きな雄かなと思いながら出産

ヘルパーを使って引き出した。何とか頭、胴までは出てきたが腰でつかえて難儀

した。しかし しばらく逆さづり状態で羊水もいくらか出たし、頭を持ち上げる格好

をしたのでこれなら大丈夫と落ち着いて娩出させた。大きなO富士のまたしても

♀だった。  O富士ー北国7-8-紋次郎 このロットの受精卵産子は6頭全部雌

P9120003.JPG
生まれて30分後には2ℓの初乳をペロリと飲んだ。ホールクロップで忙しいので
とりあえず保育箱に入れた。ホルス並みに大きく45Kg位ありそう。
P9130010.JPG
5月と6月にも同血姉が生まれているが同じ血統の牛ばっかりはいらないので
それらは売るか。昨年生まれたのには久を付けたが妊鑑は10月半ばかな~

この一週間 [農作業]

この一週間WCSの収穫作業で忙しくもうバテバテ、心配された台風12号は、

当地には影響が無かったので、条件が良い内に一関遊水地の田を片付けよう

と7日から12日まで遠征した。家から往復40Km余り、距離があるのでロールを

運ぶのにレンタカーを借り、運転手も手配して11町歩ほどの収穫作業に着手。

牛肉を食って頑張った。

P9080001.JPG

 

しかし、もう少しで終わるころベーラーが故障、チャンバーを開ける油圧シリン

ダーの付け根が折れてロッドが突き出してしまった。

P9120006.JPG

 

何とかもう1台で終わらせ、12日夕方には撤収。

P9120007.JPG

 

でも。帰宅してからラッピング10時半までそれから搾乳らやで寝る時は1時に

なっていた。他のメンバーもかなり疲れていたので今日の作業はお休み。


明後日の上場牛 [和牛]

昨夜も雨が降りこれではWCSの収穫作業も無理と、昼前に出荷待機房を空け

午後牛を洗った。菊花国ー平茂勝ー美津福 H22年11月25日生まれ

P9060002.JPG

 

推定尺では280Kgぐらい、初産産子にしては順調に育ったと思う。

だいぶ涼しくなってきたがまだアブや刺し蝿が居て、折角洗ったのに敷き料を

跳ね上げモミガラまみれ

P9060005.JPG

WCS収穫機実演見学

東日本縦断か?と思われた台風12号、心配していたがどんどん西にずれ

当地にも雨が降るには降ったが、幸い大した被害もなくほっとしている。 

しかし近畿、四国中国地方に甚大な被害がでている。亡くなられた方々の

御冥福をお祈りすると共に被災された方々にお見舞いを申し上げます。

しばらく収穫作業が出来なっかたが、昨日今日といくらか晴れ間もでてきた

 今日スターの収穫機の実演があるというので見に行ってきた。

スターのはフレールタイプの刈り刃なので稲以外にも使えそう。

P9050004.JPG
穂と茎葉が混ざっているのはいい。
P9050002.JPG

 


昨夜の牛 [和牛]

昨夜生まれたET産子、初乳を飲むところを確認しないまま寝てしまったので

朝 早速様子を見に行った。動作が緩慢だが乳房が少し小さくなっていたので

飲んだと思う。

P9030002.JPG
しかし、夕方には元気良くオッパイを飲んでいたので大丈夫そう。
P9030004.JPG
これとは別に同じく12月2日に移植したホルスもそろそろ生まれそうになっている
ホルスは腹に余裕があるためか、移植日を授精日と読み替えてほぼ合う気が
する。  ただ、昨年 今年と移植は不調だ。、昨日は買った85-3の卵をホルス
に入れたが、できるだけの手を尽くしたいとCIDRも入れてもらった。来週は高齢
和牛に移植予定だが、さて何を入れたらいいか・・・

危ない危ない、うっかりしていた [和牛]

朝牛舎に行くと、ひらしげ165(安福165-9 -平茂勝ー福昌)がお産をしていた

安平幸の小さ目の♀。母牛も小さいから仕方無いが・・・

P9020003.JPG

 

165の母体ならもう少し気の利いた種とも思ったが、種付けの時付くか付かな

いか五分五分と言う事だったので、余り高い種でも・・と幸を入れたのだった。

この母からは花国、平茂晴で♀を残していて、今度は♂でも良かったが・・・

昨日、今日と雨が降ったり止んだりでWCS収穫はお休み、ちょっと骨休め

夜、搾乳中に ひらじろう(紋次郎ー賢深ー第7糸桜)の様子がへんな事に気が

付いた。お産がそろそろとは思っていたが、お産しそうな様子。10日頃と思って

いたが、良く考えると、この牛にはO菊安の受精卵を入れたのだった。移植日を

授精日と勘違いしていた。11月26日にAI 12月2日に採卵し、Cランクを新鮮卵

移植したのだった。乳牛舎で首を繋いで飼っていたので、急いで空いている牛房

に移した。

P9020010.JPG

 

夕飯を済ませて、見に行くと足が出始まっていた。

P9020011.JPG
1時間弱過ぎて様子を見に行くと、既に生まれていたが、頭の上に体が乗った
状態だったので、姿勢を直しながら腹を見たら期待通りの♀、   採卵の時
3個しか回収できずガッカリしたのだったが、雌が生まれたので元は取った。
P9020021.JPG
P9020020.JPG

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。