にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ
にほんブログ村 中年男の牛飼いブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

ホルス並みに大きかった [ET]

予定日を一週間ほど過ぎていたレシピエント乳牛が12日朝お産した。この牛

今月初めから時々尻尾を上げて、お産の始まりかと何度か思ったが、中々出て

来ず外から胎児の動きもほとんど見えず、子宮捻転ではないだろうな、などと

心配をした。羊膜が見えてきたときも濁って汚い感じだったので、やっぱりダメ

ったっだか・・・とあきらめかけた。しかし、手を入れて舌に触った時いくらか動い

たので、生きている事を確信した。足が太く 大きな雄かなと思いながら出産

ヘルパーを使って引き出した。何とか頭、胴までは出てきたが腰でつかえて難儀

した。しかし しばらく逆さづり状態で羊水もいくらか出たし、頭を持ち上げる格好

をしたのでこれなら大丈夫と落ち着いて娩出させた。大きなO富士のまたしても

♀だった。  O富士ー北国7-8-紋次郎 このロットの受精卵産子は6頭全部雌

P9120003.JPG
生まれて30分後には2ℓの初乳をペロリと飲んだ。ホールクロップで忙しいので
とりあえず保育箱に入れた。ホルス並みに大きく45Kg位ありそう。
P9130010.JPG
5月と6月にも同血姉が生まれているが同じ血統の牛ばっかりはいらないので
それらは売るか。昨年生まれたのには久を付けたが妊鑑は10月半ばかな~

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。