にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ
にほんブログ村 中年男の牛飼いブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

両国国技館に行ってきました

両国国技館に行ってきました。残念ながら相撲ではなく、ニュースでも放送された

TPPから日本の食と暮らし・いのちを守る国民集会 でした。両国駅を出ると

目の前にテレビでは良く見る国技館、

P1010002.JPG

 

全国から、農林業者、医療関係者、生活共同組合、水産関係者、が約6.000人

P1010005.JPG

 

PB080012.JPG

会場に早く入りすぎたので、ちょっと外に出たら東京スカイツリーが見えた。

PB080011.JPG

 

会場内はやはりテレビで見ている国技館(あたりまえか・・)

PB080009.JPG

 

各界の代表者のリレーメッセージや、政党 党首の挨拶があったが、宮崎

フレッシュミズ 松田さんのメッセージが素朴なストレートな訴えが皆の胸に

響いた。

PB080015.JPG

 

とにかく、TPPは解らない事だらけで、不安材料ばかりだ。ことにも我々畜産

農家にとって、昨年は口蹄疫禍や今春の大震災とそれによって引き起こされた

原発事故の放射能被害などなど次から次と難問が発生し、対応に苦慮している

時期に追い討ちを掛けるような外交判断をしようとしている。もちろん今のままの

農業で良いと思ってはいない。意欲的に取り組む人が規模拡大したり、

生産コスト削減の努力するのであればそれを支援する施策を示し、引退する

人には離農しても暮らしていける道を用意する。そういう政策であれば農村に

安心感がうまれ、生産者、消費者、農政に信頼感が醸成されるのではない

だろうか。まあ、私なんかより何倍も優秀な官僚や政治家が何十年も農政を

担って来たはずだが、農業後継者が居ない現実がノー政に出した答えのような

気がする。ただ、TPP反対・反対ばかり言ってると「既得権益にしがみつくのか」

と一般消費者に批判されかねない面もある。先ずはこのような交渉をします、

このようなメリット、デメリットがあります。という情報を提示するべきだ。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。