にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ
にほんブログ村 中年男の牛飼いブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

未明のお産、 懇談会 [和牛]

昨日未明2時ごろ牛の鳴き声で目が覚めた。布団の中でモー安心の映像を

携帯で見たら、生まれた子牛が牛房の外に出てしまい親が心配して鳴き騒いで

いた。まだ濡れた状態の子牛が凍死されたら大変と、起きて行き中に入れ藁を

足してまた寝た。薄氷が張っている寒い朝だったが、行って見るとすっかり乾い

ていた。初産ながら標準的大きさの安平幸の♀、母は勝忠平ー安糸晴

PC070002.JPG

 

初めてのお産だと子に乳を飲ませない母牛も居たりするが大丈夫そう。

PC070006.JPG

 

次の出産予定は私が最初に買った いとぎく2(安平ー糸弘2-安福)腹の中は

百合茂、昨年この牛から勝忠平の♀が生まれているがそろそろ種付けする月齢

PC070007.JPG
この牛も11歳なので今度のお産で引退かなー。

夜は遠方からのお客さんと懇談会。

PC070009.JPG

 

 

そして、今日の市場は高め相場だったが、我が家の牛は苦戦。勝忠平の♀は

291日齢256Kgと小さかった。その上乳頭が白く後ろ乳頭が短いなどと言われ

税込み387450円、久の去は290日齢273Kgとスリムな牛で437850円と苦戦

やっぱり6頭一緒に入れておくと、序列下位の牛は十分食えてないなー

来年は何とかしないといけない。

 


放射線測定、上場準備

一関市で用意した放射線測定器を各自治区が順番に借りることができることに

なり、私も借りて測ってみた。すでに公共施設などの測定結果は公表されており

当市は平均的には0.2~0.3マイクロシーベルトで、放射能泉で有名な玉川温泉

の浴室レベル、と聞いている。測ったからどう、と云うことは無いが牧草地の数値

を把握しておきたいと、先ず自宅周辺から、どこでもそうだが雨樋の下が高いので

ウチの雨樋の下を測ってみると地面から2~3Cmで0.336腰の高さで0.22マイ

クロシーベルト。一番気になった自宅傍の牧草地地面で0.195

PC060003.JPG

 

牧草地などからの水が流れ込む沈砂池でもほぼ同様で、腰の高さに上げると

更に下がって平均値は0.156だった。

PC060002.JPG
午後は8日に上場する牛を洗った。いくらも汚れていなかったのですぐ終わった。
H23年2月20日生まれ♀ 勝忠平ー安平ー北国7-8母の安平が小さいので
勝忠平の子にしては小さめ250Kgぐらい。
PC060011.JPG
もう一頭は去勢H23年2月21日うまれ 安福久ー平茂勝ー北国7-8
これは残念ながら肋が足りない 300Kgぐらい
PC060014.JPG

中山間地域等直接支払い交付金 に係る事業 [農作業]

私達の地域は、山また山という正に中山間地。1戸当たりの平均耕地面積も

田畑併せても2haあるかないか、あとは山林を持っていたり無かったり。

と言う訳で、農業以外に収入機会があるうちはそれなりに暮らしていけたが

近年、建設業は不振、誘致企業も撤退や工場閉鎖するところが多い。農産物

価格は低迷、米などは以前の半値に近い。専業農家はもとより兼業農家も

余裕がなくなってきているのではないかと思う。 そのような地勢的ハンデ

キャップのある地域に対して直接交付金があるわけだが、とてもとてもスズメの

涙程度の交付金では話にならない。そうは言っても中山間に参加している以上

やるべき事はやらなければならない。今日は水路整備の共同作業。水源の

最上流部が土溝で管理が大変なのでパイプを敷設することになった。

PC040014.JPG

 

PC040003.JPG
             機械が入らない林の中なので全部手作業
PC040006.JPG
PC040010.JPG
農業関係者が、TPP反対を声高に叫ぶのを消費者の目にはどのように映るの
か気になるところだが、規模拡大も難しい、仮に拡大できるとして廃業せざるを
得ない農家をどうするのか。TPP推進論者には様々な懸念、不安、疑問に
答えて欲しい。

枝肉共励会出発式 [和牛]

春の大震災以来 餌の変更、供給の不安 放射性物質による汚染問題で

共励会どころか牛肉の出荷自粛や相場の暴落で、東日本の肥育家は大変

辛い思いを強いられてきた。やっと此の頃出荷できるようになり、枝肉相場も

やや回復してきた、とも聞く。 情勢が好転の兆しが見えてきたこともあり、

第35回いわい東農協枝肉共励会 を開催することになり、今日出発式に

出席してきた。

PC030002.JPG
             今回は24頭の出品、 内 菊安舞鶴産子が最多の7頭
PC030004.JPG

 

期待できるのでは・・と思った花国ー平茂勝ー菊谷 32.4ヶ月齢と肥育者Y氏

PC030009.JPG

 

      花国 去  繁殖者の紹介もありK,K氏

PC030005.JPG
出発前に輸送中の無事と12月6日の共励会の高評価を祈念
PC030006.JPG

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。