にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ
にほんブログ村 農作業:中年男の牛飼いブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

今頃堆肥散布 [農作業]

先日 転作田に1回目のロータリーを掛けたので追って炭カルや肥料を撒いて

除染更新を終わらせたかったが、先週後半から強い雨が降って水が溜まって

しまった。掘ったところにトラクタが入って動けなくなったり、轍が大きく残るのも

こまるので、いよいよと言うかやっとと言うか牧草地の更新に手を掛けた。

プラウを掛ける前に堆肥の散布を始めた。

P7160001.JPG
牧草を刈らないので背丈近く伸びているがプラウなら草が巻きつく事はない
だろうと思うが、こんな草の状態でプラウを引いた事が無い。オーチャードは
すっかり枯れているが一昨年簡易更新して蒔いたチモシーがいい草になって
いる。せっかく補助と手間暇をかけたのに又掘り返さなくてならないとは・・
いずれ、流されるのが心配なので種まきは台風シーズンが終わってから

除染作業開始 [農作業]

中々着手できなかった除染作業を今日から始めた。先ずは転作田の

ロータリー耕、着手が遅くなって草がだいぶ伸びて1度では細土が不十分

なので、炭カル、化成肥料を振った後もう一度ロータリーを掛けて播種を

しないとならない。ただ田んぼなので地盤が軟らかい所があったりするので

あまり雨が降らないうちに終わらせないといけないな~

P7010012.JPG

あぜ草刈り [農作業]

やらなければならない事が一杯有るのに、中々片付かない。転作田の除染と

してロータリー耕をするのだが資材が全部揃わない。ロータリーもよく見たら

爪が減っていて5~6本替えないといけない。そうこうしている内に中山間の

農地管理状況チェックが入る時期になってきた。先ずは、あぜ草を刈らないと

ならないな、と田んぼに行った。今日はヤマセの風が入って涼しく、つなぎ服

を着て丁度いいぐらいだったが、バテ無いくらい2時間程の草刈りをした。

P6240001.JPG
いつもであれば刈った草を牛に食わせるところだが、今年はセシウムの問題が
あり、焼いてはダメと言われているし、始末にこまる。

転作田の整備 [農作業]

月曜日は昨年、一昨年と2回中止した畜産共進会実行委員会。水曜日は

和牛改良組合の役員会と、出かける用事があり自分の仕事が進まない。

早く転作田の除染作業をしたいのだが、先ずその前に地盤が軟らかくて

トラクタがスタックするところがあったので山砂を投入した。

P6140015.JPG
昨日、今日とヤマセの風が入って涼しいぐらい。でも今こちらの山では朴の木
が花を咲かせている。
P6140007.JPG
             また、エゴノキも花盛り
P6140013.JPG
              道端には野甘草
P6140010.JPG

田んぼ仕事も一区切り [農作業]

先月22・23日と田植えをして、一昨日田植え機の届かなかった四隅や

三角部分を手植えした。たった2時間余りだったが昨日は腰が痛かった。

そして今日は除草剤の散布、これで田んぼの大事な分は一区切り。いつもは

除草剤散布の時期が牧草刈りと重なって、気が付くと田んぼは稗だらけという

ことが往々にしてあった。

そして、その牧草地の除染のための更新工事をはじめないといけない。先月

末に先ず、転作田の分の資材が届いた。

P5300008.JPG
炭カルや化成肥料は数量が多く腰に利きそうなのでフレコンバックにして
もらった。また、トラクタのオイルやフィルターなども届いているので、機械の
メンテナンスをしてから本格的に除染作業に取り掛かるとするか。
P5300009.JPG

今年もいきなり代掻き [農作業]

周りではほとんど田植えが終わり、残るはうちの田んぼだけとなり、一昨日

からカミさんと周囲の草を刈ったり段取りをして今日から代掻きを始めた。

一般的には田起こしをして水を入れ代掻きとなるのだが、私はコンバインで

長めに切り落としたわらを春田んぼが乾いたところを見計らってロールし収納

するつもりだった。昨年は原発事故があり、持ってこなくて幸いだったが今年は

雪解けが遅れた上に、雨が近くてトラクタが入れる状態にならなかった。

ということで、化成肥料は月曜日に、堆肥は1か月も前に散布しておいたので、

田起こし無でいきなり代掻きを始めた。

001.JPG
ところどころわらが浮かんだり、田んぼ向きで無いトラクタでやるもんだから
仕上がりはきれいにいかないが、収量にはあまり影響はないようだ。

中々はかどらない [農作業]

放射性物質除染のための草地更新を早く始めたいのだが、先週は雨がちで

子牛の上場もあったりで草地外周の整備が中々進まない。今日は久々に

快晴だったので、今手掛けているところばかりも目処を付けたいと思ったが

大きな木の根が入り込んでいて、思うようにはかどらない。

001.JPG
今こちらの農家は代掻きの真っ最中、私も少しばかりだが田んぼも気になる
が、あせって事故ったり機械を壊したりすると何にもならない、と思いつつも
気持ちは急ぐ。そんな時ちょっと心が和むのは道端の山つつじ。
007.JPG
里山のつつじは今見ごろで、皆同じようにみえるがよく見ると微妙に色の
変化がある。赤の強いの、ピンクがかったもの、オレンジ色に近いものなどなど。
005.JPG
004.JPG
003.JPG

こんな花の写真を撮ってるより仕事をしたら?と言われそう。


除染 前作業 [農作業]

牧草地の除染作業を早く始めたいのだが、今日は予報通り雨。 先日天気の

いい日に遊んできたのでその取り返し、雨の中でも出来る仕事、牧草地周囲の

抜根をした。造成して20年以上も経つと柳や笹竹などが草地に侵入してきて

それを避けて草を刈るもんだからどんどん牧草地が小さくなる。何とかしなければ

と、思ってはいたが中々手が付けられないで居た。

P5030001.JPG

 

今度 除染の為の草地更新をするのだが、丁度良い機会なのでプラウ耕の

前に抜根を始めた。4~5日で終わらせたいが田んぼも気になるし・・

P5030002.JPG

試運転 [農作業]

福島第一原発の爆発事故で当地も放射性物質で汚染されてしまった。

しかし、汚染レベルは深刻なものではなく、収穫された米、野菜、飼料用トウ

モロコシなどからはセシュウムは検出されないか、場所によっては少しは出た

所もあるが、あまり問題にならない範囲。ただ、牧草のように耕起しないところは

セシュウムが枯葉やルートマットに残り、それを牧草が吸い上げているらしい。

そこで、牧草地のプラウによる天地返し更新によって除染しようということに

なった。岩手農業公社がやるわけだが、一関管内だけでも4000ha もの

牧草地が有るという。公社だけでは何年も掛ることになるので機械のある人は

委託契約を結んで自力施工も認める、ということになった。私も自分のと周辺

農家の草地更新をやろうとプラウを買うことにした。昔デントコーンを作って

いた時のプラウは有るがスタンダードなのでリバーシブルに換えることにした。

PC090002.JPG

 

さっそく試運転をしてみた。

結構大きな石も出て来るし登りでも掘らなくてはならないし、20年ぶりのプライ

ングで、機械の調整や操作の微調整が大事と、改めて実感。

PC090004.JPG

 

規定の30Cmはほぼ掘れているようだ。

PC090009.JPG

 


牛移動、ボロ出し [農作業]

4月10日分娩予定日の はなやすひらET(第一花国ー安平ー福昌)を独房に

移動した。腹の中は安福久 雌だといいのだが・・

PC080003.JPG

 

午後は先日残した3箇所のボロ出し、今日は風は冷たかったが日差しもあって

いくらか春を感じられた。天気が良ければ敷き料も少なくて済み、牛も汚れない

のだが・・・

PC080004.JPG

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。