にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 一関情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ
にほんブログ村 ET:中年男の牛飼いブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

ホルス並みに大きかった [ET]

予定日を一週間ほど過ぎていたレシピエント乳牛が12日朝お産した。この牛

今月初めから時々尻尾を上げて、お産の始まりかと何度か思ったが、中々出て

来ず外から胎児の動きもほとんど見えず、子宮捻転ではないだろうな、などと

心配をした。羊膜が見えてきたときも濁って汚い感じだったので、やっぱりダメ

ったっだか・・・とあきらめかけた。しかし、手を入れて舌に触った時いくらか動い

たので、生きている事を確信した。足が太く 大きな雄かなと思いながら出産

ヘルパーを使って引き出した。何とか頭、胴までは出てきたが腰でつかえて難儀

した。しかし しばらく逆さづり状態で羊水もいくらか出たし、頭を持ち上げる格好

をしたのでこれなら大丈夫と落ち着いて娩出させた。大きなO富士のまたしても

♀だった。  O富士ー北国7-8-紋次郎 このロットの受精卵産子は6頭全部雌

P9120003.JPG
生まれて30分後には2ℓの初乳をペロリと飲んだ。ホールクロップで忙しいので
とりあえず保育箱に入れた。ホルス並みに大きく45Kg位ありそう。
P9130010.JPG
5月と6月にも同血姉が生まれているが同じ血統の牛ばっかりはいらないので
それらは売るか。昨年生まれたのには久を付けたが妊鑑は10月半ばかな~

F1から生まれたにしては [ET]

昨日、今日と梅雨の晴れ間の暑い日だった。 夕方、分娩予定日を過ぎていた

レシピエントF1がお産しそうな様子に見えた。案の定搾乳が終わった9時頃

子牛が生まれた。 F1から生まれたにしては小さい。

P6290008.JPG

 

 メス、血統は福桜ー紋次郎ー賢深ー第7糸桜 血統的に面白いと思って

造った受精卵だったがドナーの紋次郎♀の育種価が昨年判ってちょっとがっかり

しかし、父福桜の能力に期待したい。小さく生まれたがF1なので乳量にも期待

したい。期待感ばかり膨らませているが、果たしてどうなることやら・・・・

P6290010.JPG

昨日の採卵 [ET]

種を提供してくれる方と私がドナーを用意し採卵、上手くいったら山分けと

いう計画で昨日採卵した。ドナーは平茂勝ー安糸晴ー糸晴波

PC020002.JPG

 

採卵に向けて稲ホールクロップの他に自家産乾草、チモシー乾草を与え

手配してもらったカーブエイドを添加給与し採卵に備えた。

PC030001.JPG

 

ところがく卵は8個回収できたが使えるのは、Aが1 A’が1 Cが1という残念な

結果。変性卵が多かったと言うことなので精子の活力が弱かったか、

子宮環境に問題があったのか解らないが取りあえずCランクは新鮮卵で

ウチの牛に移植。  山分けするつもりが痛み分けとなってしまった。

 


子宮捻転 [ET]

4~5日前から生まれそうで産まないホルス、昨夜こそ生まれるとブログ記事を

書きながら11時頃まで待った。モー安心 から送られてくる携帯画像では細かな

ところまで見えないので、牛舎に行って見ると分娩直前のポッテリ腫張している

はずの陰部が締まって横しわがでていた。これはおかしいと思ったが12時近く

で獣医さんを呼ぶにも電話で相談するにもちょっと気が引ける時刻、こんな時はと

シェパードのHPで桐野先生のコラムにお産の記事があったなと、ネットで調べた

http://www.shepherd-clc.com/column4/story_11.html

これは子宮捻転だなと、思ったがまだ何も出てきていないのでひとまず寝た。

朝 獣医さんに来てもらい診てもらったらやはり捻転、しかも子宮頚管が開いて

いない、ということで捻転の整復と頚部を広げながらの助産となった。中の子牛

は生きているか微妙と言うし、出てきた羊水は茶色で、死産かと覚悟した。

出産ヘルパーも使って何とか引き出したら、生きていた!!しかもO富士の雌

P4090002.JPG

 

産道が傷ついたのでその処置と、

P4090004.JPG

 

先日 別の牛がお産のあと腰抜け気味になり、心配なのでその予防と栄養補給

P4090005.JPG

 

子牛を一通り拭いた後初乳を飲ませたが飲み方が下手で手こずった。

P4090011.JPG

 

母子ともに大丈夫そうなので今日もワラ収集に行き、二人で10Ha程ロールした。

夕方、子牛を見たら体が大きいだけにやっと立ち上がった、という状態

P4090020.JPG

 

何はともあれ一度は駄目かとあきらめかけた子牛が元気だし雌だし良かった

良かった。お祝いに今日は鯛のお頭付き

 

 

P4090019.JPG

もう一頭 [ET]

昨日生まれた子牛は今朝には毛もすっかり乾いて体も大きいだけに食欲も

旺盛、  先が楽しみ

P4050001.JPG

 

もう足腰もしっかりしたし、寒さもだいぶ緩んだので夕方外の小屋に引越しをした。

そしてもう一頭同じ日に同じ受精卵を入れた牛がいつ産んでもおかしくない状態に

なっている。   これも日中に産んでくれると助かるのだが・・・

P4050003.JPG

おっ 又雌だ [ET]

昨日に続き、夕方 O富士の受精卵を入れていたホルスがお産
P4040003.JPG

 

脚の太さを見た時、雄かなと思ったが引っ張りだしたら大きなメスだった。35Kg

は有りそう。また、保定枠のカーフハッチに入れ早速初乳を搾って飲ませた。

P4040006.JPG

 

真夜中でなくて良かったー。  真冬でもないので拭き方も大雑把。同じ卵が

もう一頭のホルスに入っていてこれも間も無く生まれて来る予定。


期待に応えてメス [ET]

予定日を一週間も過ぎて中々産まなかったホルスがやっとお産した。昨夜尻尾を

上げていきみ始めたので、携帯で様子を観察していた。12時近くになっても足が

見えてこない、このままだと牛も疲れるし私も一度寝ると中々起きれないので

引っ張ることにした。先ずは手を消毒して中の様子を診た、足が細かったので

もしかしたら・・・、と思いながら横向きの子牛を引っ張った。頭が大きく中々でて

こないので、出産ヘルパーで引っ張った。

P1300002.JPG
頭が出てしまえば後は簡単に出てくる。藁でぬめりを取った後ぼろきれで拭く。
P1300006.JPG
かみさんが拭いているうちに初乳を搾り、早速飲ませる。すぐ吸い付いて
1.5リッターをたちまち飲んでしまった。
P1300010.JPG
ホルスの腹の中でのびのびと育って大きなメスだった。期待していた 安Oのメス
母の父が第1花国ー菊谷という血統。  もちろん保留します。早速作ったばかり
保育箱に御案内、一時間もしない内に立ち上がりすこぶる元気。
P1310017.JPG
夜が明けて、朝行って見ると毛もすっかり乾いておとなしく横になっていた。
P1310020.JPG
                   めでたしめでたし。

ちょっと残念 [ET]

今日は ふくたに(安福165-9-菊谷ー恒徳)の採卵日、種付けの時10個近く

有りそう、ということで花国を注入し、期待していた。10時頃から採卵

P1270001.JPG

 

採卵そのものは30分程で終わり。いつもは自宅で新鮮卵移植を待っていたが、

 検卵の様子を見たことが無かったので見学に行ってきた。回収液を濾して

P1270002.JPG

 

                  シャーレに移し顕微鏡で探す。

P1270004.JPG
P1270005.JPG
P1270008.JPG
TVモニターに映したもののプリント
P1270011.JPG
私には分からないが右下の黒い部分が壊れているとか

今日の結果はA-1A’-1 B-1 C-2内1個を新鮮卵で午後移植したので5個凍結。

2個は未受精卵だった。同期化、移植したホルスはちょっと調子が悪く状態が

イマイチだったがCランクでも新鮮卵なので受胎を期待したい。


そろそろかな [ET]

H21年4月17日、受精卵移植をしたホルスここにきて目立って尾根が落ち込み

お産が近いと思われる。でも乳房の張りがイマイチなのでちょっと迷う

P1220001.JPG

 

卵は、安Oー花国ー菊谷という血統 メスが生まれて欲しいのだが・・・・

いずれ、モー安心をセットし、お産に備えないとならない。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。